C A B S S S

Center for Agent-Based Social Systems Science

English

エージェントベース社会システム科学研究センター(CABSSS)

エージェントベース社会システム科学研究センター (CABSSS) は、21世紀COEプログラム「エージェントベース社会システム科学の創出」のミッションを学内外へ広く展開するため、大学の支援による拠点として2005年4月に設立された。同年10月、すずかけ台キャンパスJ2棟完成に伴い、J2棟16階にセンターのスペースが用意され本格的な活動がスタートした。

本センターのミッションは、産官学連携のNOE (Network of Excellence) の拠点として、第1に、エージェントベース社会システム科学 (ABSSS) の成果を適用して具体的な社会経済の諸問題を解決するための研究プロジェクトを推進し、第2に、ABSSSによる社会問題解決のための技術と方法を深化させ、そして第3に、ABSSSの高等教育プログラムを策定し、広く普及させることである。

もっと読む →

具体的には、本センターでは 21世紀COEプログラム「エージェントベース社会システム科学の創出」で開発された社会シミュレーションの情報技術を基軸とし、文理融合型で分野横断的な問題解決ための社会情報基盤技術のイノベーションを目指す。既にセンターで行われている産官学連携のパンデミック対策シミュレーション等、具体的な社会的課題に対するプロジェクト研究を遂行し、それに必要なシステム情報技術基盤を発展させ、それらの成果を社会的に利用可能な知として普及させる教育プログラムの開発普及を行っていく。

主な活動内容としては、エージェントベース社会システム科学に関連した、(1) 研究集会の開催、(2) 共同研究プロジェクトの推進、(3) オンライン教材の提供がある。

今日大学の社会的役割は、ますます重要になりつつある。本学のエージェントベース社会システム科学研究センターは、新しい時代の領域透過的で文理融合の新たなシステム概念の創出とその社会への実応用を目指し、NOE(Network of Excellence)を基本理念の一つとし、産官学の諸ステークホルダーと積極的に連携していきたい。そのような活動の中でセンターの研究集会や、プロジェクト運営に関して民間の多方面からの支援を期待している。センターのミッションに賛同し、CSR(企業の社会的貢献)の見地からセンターを支援していただける企業の方々からのセンターに対する支援を、税制上の優遇措置がある奨学寄付金の形で常時受け付けている。お申し込みは、センター事務室で常時受け付けているのでご一報いただきたい。
リーフレットのダウンロード(pdf, 160kb) 

←閉じる

CABSSS WS 企画書:第六回サービスシステム科学シンポジウム公開講演会in諏訪

概  要

テ ー マ   地域からのオープンイノベーション

企   画   出口弘 東京工業大学総合理工学研究科 教授

枠   組   諏訪デザイン・ウィーク:産官学連携によるイノベーション企画(3月18〜22日)

主催・協賛   主催:東京工業大学エージェントベース社会システム科学研究センター
         協賛:SIARC:諏訪産業集積研究センター、
            岡谷市、下諏訪ものづくり支援センター、NPO匠

対   象   地域の企業経営者・技術者・行政・大学関係者・学生

開催日時

2013年3月18日(月曜日)午後13:00 −

開催場所

岡谷市・テクノプラザおかや(長野県岡谷市本町1−1−1)

もっと読む →

内容およびスケジュール

 

13:00-13:30 「諏訪デザイン・ウィークー産官学連携による地域イノベーション」の趣旨説明
        (京都大学教授、諏訪産業集積研究センター長 喜多一)

 

13:30-14:30  講演 「IOT時代の地域からのオープンイノベーション:理念・設計・ビジネス」
        (東京工業大学エージェントベース社会システム科学研究センター長 出口弘)

 

14:30-16:00  展示+プレゼン <各20分で4件:調整中
        「パブサブカルクによる工場のセンサーネットワーク」
         ロジカル・ワークス(株) 中村敏久
        「地域アンケートシステム」オービターデザイン 菊池大介
        「地域同人活動と地域同人誌」御射宮司祭代表 今井健一郎、出口弘
        「地域コンテンツの展開」 株式会社ピーエムオフィスエープラム

 

16:00-16:15 (休憩)

 

16:15-17:45  パネルディスカッション:地域のオープンイノベーション

18:00-19:00  地域の一人ファクトリー (調整中

19:30-     懇親会


注:3月18日〜22日には、このWSを含め、地域企業と研究機関との協働に関連する 諏訪デザイン・ウィークー産官学連携による地域イノベーション」 の諸企画・講演会等が開催される。

←閉じる

公募のお知らせ

当センターにおける質的データ調査に関する研究教育の補佐およびセンター業務を担当いただける方を募集致します。詳細は以下からダウンロードできる資料をご参照ください。

特任講師公募案内

問い合わせ先 エージェントベース社会システム科学研究センター contact(at)cabsss.titech.ac.jp

集中講義『日本経済の統計・モデル・政策論』のお知らせ

2月2日土曜日、9日土曜日、15日金曜日に、「日本経済の統計・モデル・政策論」を集中講義(2単位)として、 西9号館607号室で開講致します。この講義は国のGDPなど国民経済計算やマクロ経済モデルの策定や、景気動向などの調査に実際に携わっている内閣府の官庁エコノミストの方々による、日本経済の統計・モデル・政策に関するオムニバス形式の講義です。聞く機会がめったにない日本の経済統計、経済モデルを策定する現場の知を知る事のできる希有な機会となっております。単位はいずれかの報告3つ選んでのそれぞれA4で1-2枚程度のレポートで行います。何よりも政策科学の現場を知るという意味で貴重な機会です。

ぜひご参加下さい。

当日追加申告の用紙を持参下さい。追加申告処理を致します。

問い合わせ先 知能システム科学・価値システム科学(兼担) 出口弘 deguchi(at)dis.titech.ac.jp

もっと読む →

講義予定

・2月2日(土)

 

(1、2限) 国内景気(月例経済報告、経済財政白書)・・・増島稔参事官

 

(3、4限) 政府経済見通し、段階的接近法・・・岡田恵子参事官

 

(5、6限) 応用一般均衡モデル(CGEモデル)・・・堤雅彦補佐

 

(7、8限) 短期日本経済マクロ計量モデル ・・・鈴木晋上席

 

(9、10限) 海外景気(月例経済報告、世界経済の潮流)・・・嶋田裕光参事官


・2月9日(土)

 

(1、2限) (空き)

 

(3、4限) 国民経済計算①・・・今井玲子課長

 

(5、6限) 税・社会保障・・・河越正明参事官

 

(7、8限) 景気対策、金融政策・・・林伴子参事官

 

(9、10限) 財政リスクと金融市場 ・・・杉原茂審議官


・2月15日(金)

 

(1、2限) 国民経済計算②・・・茂呂賢吾課長

 

(3、4限) 景気統計(景気動向指数等)・・・上野有子補佐

 

(5、6限) 地方景気(地域経済動向、地域経済レポート)・・・田邊靖夫参事官

 

(7、8限) 規制改革、市場化テスト・・・舘逸志審議官

 

(9、10限) 国民生活選好度調査、幸福度 ・・・桑原進上席主任研究官


←閉じる

講演会『科学哲学と物理学の交流-量子力学のフロンティアと東工大の文理融合知-』

東京工業大学エージェントベース社会システム科学研究センター(CABSSS)では、以下の講演会を開催します。
奮ってご参加下さい。

パンフレットのダウンロード(pdf, 1.72MB) 

小澤正直教授講演会 『科学哲学と物理学の交流-量子力学のフロンティアと東工大の文理融合知-』

日時: 2012年4月12日(木曜日)14:00 受付開始 14:15 開会

会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス 蔵前会館 くらまえホール

主催: 東京工業大学 エージェントベース社会システム科学研究センター

もっと読む →

趣意

この度、名古屋大学の小澤正直教授とウィーン工科大学の長谷川祐司准教授の研究グループは量子物理学の基本原理とされてきた「不確定性原理」の破れを実験的に観測することに世界で初めて成功しました。小澤教授は、2003 年に「ハイゼンベルクの関係式」の破れとそれに替わる「小澤の不等式」
 ε(Q)η(P) + ε(Q)σ(P) + σ(Q)η(P)≧ h/4π
の成立を予言しましたが、この実験でそのような状況が実現可能なことが実証されました。この成果は、2012年1月15日発行の英国科学雑誌 Nature Physics 電子版に掲載され、広く驚きを持って迎えられました。小澤教授は本学理学部情報科学科の出身であり、また人文社会群の吉田夏彦研究室で哲学を学ばれ、現在、科学基礎論学会の理事でもあります。本シンポジウムでは、「不確定性原理」の理解の深化で生まれた、科学哲学と物理学の交流の新たな局面に関する問題を集中的に討議することを目的とし、小澤教授から、「小澤の不等式」と量子測定理論についての説明、その理論を導いた数学的・物理学的方法と哲学的思索についてお話をいただき、それをもとに科学哲学と物理学の交流 について聴衆との質疑応答を交え、広くパネルディスカッションを展開する予定です。

プログラム

14:00 受付開始

14:15 開会

14:15 ~ 14:30 開会挨拶

出口 弘 東京工業大学総合理工学研究科教授

14:30 ~ 15:30 基調講演 「不確定性原理と物理的認識の限界」

小澤正直 名古屋大学情報科学研究科教授

15:45 ~ 16:45 パネルディスカッション 「科学哲学と物理学の交流 -東工大の文系力-」

16:45 ~ 17:00 閉会挨拶

お申込方法

4月10日(火)までに 電子メールの本文に (1) お名前 (2) ご所属 (3) 連絡先メールアドレス
記載の上で、cabsss2012[at]cabsss.titech.ac.jp宛までお送り下さい。
当日参加も可能です。

アクセス

東急目黒線・大井町線『大岡山』駅 徒歩1分

←閉じる

シンポジウム『IOT時代のサービスイノベーションと産業ビジョン』開催

東京工業大学エージェントベース社会システム科学研究センター(CABSSS)では、以下のシンポジウムを開催します。
奮ってご参加下さい。

パンフレットのダウンロード(jpg, 324kb) 

『IOT時代のサービスイノベーションと産業ビジョン』

主催:東京工業大学

協力:株式会社野村総合研究所

日時:2012年02月28日(火) 13:30~18:00

場所:東京工業大学大岡山キャンパス 西9号館ディジタル多目的ホール

もっと読む →

趣意

東京工業大学エージェントベース社会システム科学研究センター(CABSSS)では、2008 年からの 3 年間設置された「NRI サービスイノベーション寄付研究部門」のプロジェクトとして、日本の産業構造とサービス・システムのあり方や産業構造デザインについての研究を進めてきた。新しいサービス・システムのあり方が、どのような可能性と成長のシナリオを我々の社会にもたらす可能性があるのか、またそのような産業構造が如何にデザイン可能となるかについて、その基盤となる情報技術から、サービスチェインやプラットフォームのシステム的構造、更にその産業構造からビジネスモデルまで、様々な水準でのアーキテクチャと、それらを透過しトランスレーショナルに結びつけることのできる社会のアーキテクチャデザインについて論じていきたい。

プログラム

13:30 ~ 14:10 基調講演 「IOT 時代のサービスチェインとトランスレーショナルシステム分析」

出口 弘 東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授 エージェントベース社会システム科学研究センター長

14:10 ~ 14:50 講演 「IOT 時代に向けた IT ロードマップ」

古明地 正俊 株式会社野村総合研究所 イノベーション開発部グループマネージャー 兼 未来創発センター上級研究員

14:05 ~ 15:40 講演 「震災後のインフラデザイン」

志村 近史 株式会社野村総合研究所 上席研究員

15:40 ~ 16:15 講演 「IOT 時代の統計ビジョンに向けて」

大貫 裕二 筑波大学システム情報系 准教授

16:30 ~ 17:50 パネルディスカッション 「IOT 時代のサービス産業ビジョン」

志村 近史 株式会社野村総合研究所 上席研究員
   大貫 裕二 筑波大学システム情報系 准教授
   岡安 英俊 東京工業大学エージェントベース社会システム科学研究センター 特任講師
   出口 弘 東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授

17:50 ~ 18 : 00 閉会ご挨拶

出口 弘 東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授

お申込方法

2 月 24 日(金)までに 電子メールの本文に (1) お名前 (2) ご所属 (3) メールアドレス記載の上で、cabsss2012[at]cabsss.titech.ac.jp宛までお送り下さい。
席に余裕がある場合は、当日参加も可能です。

←閉じる